株式会社トラックスは、クラウド型運送業管理システム「ドライブドア」で業務の効率化をサポートします。

2018年10月、株式会社トラックス「R&Dセンター」開設いたしました。「ドライブドア」デモをご利用いただけます。

2018年10月、株式会社トラックス「R&Dセンター」開設いたしました。
「ドライブドア」デモをご利用いただけます。

運送業に必要な全ての機能をお届け
運送管理から収支・労務管理まで

クラウドサービス  ドライブドア

月額1.9万円で利用できるクラウド型運送管理システム

運送業に必要なすべての機能をパッケージ化

ドライブドアは、運送管理から収支・労務管理までトータルサポート。

利用ID数の制限なし


利用ID数の制限はありません。

車両台数5台~数千台拠点数1~100拠点の運送会社でもご利用いただけます。

初期費用7万円。
営業所一拠点追加3千円。

帳票カスタマイズ無料


帳票レイアウトを変更でき、原価計算も可能。
目的に合わせた使い方ができ、自由自在にカスタマイズも可能です。

クラウド型のメリットを活かした柔軟な運用が可能です。

最新機能を自動的に提供


2017年度は、配車機能9ヵ所、請求機能6ヵ所、データ出力取込機能追加など、合計32項目の改良・改善・強化を実施いたしました。
2018年は配車機能の大幅リニューアルを予定しております。
ドライブドアは常に進化し続けます。

多彩なシステム連携が可能


各社デジタコより出力される実績データを取込み可能です。これによって入力業務の大幅な軽減が実現されます。
また、車両ごとのETC運行情報を原価として登録することも可能です。

オールインワンのドライブドアだからできること

運送業に特化した
クラウドサービス

 
ドライブドアは、運送業者様の業務に必要な機能を全て備えたクラウド型運送業管理システムです。

 

簡単入力で
請求書まで連動

 
各種マスター入力、運行管理、請求・入金管理、経費管理などの機能が全て利用可能です。

 

帳票カスタマイズ
自由自在

 
帳票類も運送業に必要な運行管理、車両管理、傭車管理、請求管理などが利用可能です。

 

特徴をさらに詳しく紹介します    ドライブドアの特徴

“導入の不安、解消します”

はい。
初期導入時にお申し付けください。

傭車費、高速料金(ETC、ETC外)、フェリーの入力が可能です。
また、伝票として任意の情報(燃料費等)を割り当てる事も可能です。
乗務員の各種手当も入力により経費算入されます。

メニューの「運転日報」から画面を開くことにより、日報に必要な情報のみが入力可能となります。

ドライブドア導入事例

ドライブドア導入により成功したお客様の事例をご紹介します

取材中

 
 
 

この事例を見る

有限会社マーキュリー様


パソコンOSのバージョンも
気にせず使える

取材中
 


 
 

この事例を見る

ドライブドアに関するお問い合わせはこちらまで

業務の効率化をさらにアップする連携機能

ETC連携

デジタコ連携

点呼管理システム

今後のリリース予定


●配車支援オプション
●勤怠管理オプション
●自動配車機能追加
●タブレットの活用