株式会社トラックスは、クラウド型運送業管理システム「ドライブドア」で業務の効率化をサポートします。

導入の手引き 

 

導入から運用まで ~導入編~     マスター登録マニュアルページへ


会社の基本情報(締日や就業時間など)、また権限などを設定します。


各種マスタ情報を登録します。営業所、取引先、車両、人員、品名、発着地、コースなど。


初期状態では一般的な請求書が登録されています。お好みの請求書レイアウトに変更が可能です。 
 


導入から運用まで ~運用編~     日次処理マニュアルページへ


配車一覧に直接、または配車明細入力に受注情報を入力します。


運行の実績や運賃などを入力します。


デジタコやETC利用料金の情報を取り込みます。(必要に応じ)
 
各種実績明細(人員・車両・傭車など)を印刷、もしくはCSV(エクセル)で出力します。


導入から運用まで ~請求編~     請求処理マニュアルページへ


各運行における不確定な運賃や未定の運賃を一覧から確定させます。(受注入力時にも確定できます)


運賃が確定されたものは請求書へ反映されます。
締日を入力し、発行したい取引先を複数して請求書がPDFにて出力されます。そのまま印刷して完了です。


締め処理を取り消すことにより、請求書の修正や再発行が可能です。
再発行されても過去に出力した請求書の履歴は残ります。



ドライブドアに関するお問い合わせはこちらまで