株式会社トラックスは、クラウド型運送業管理システム「ドライブドア」で業務の効率化をサポートします。

よくあるご質問


導入前

Q:お試し利用をしたいのですがどのようにすればよいでしょうか


A:[お問い合わせフォーム]よりご連絡をお願いいたします。
お試し環境へのログイン情報をお送りいたします。
 
 
Q:お試し環境の情報が記載されたファイルが開けません。


A:Adobe Acrobat Reader が必要です。
DriveDoorでも使用するソフトウェアとなりますので、以下のサイトよりインストールをお願いいたします。
Adobe Acrobat Reader

 
Q:マスターの一括登録は可能でしょうか。


A:一括取込機能は現在ありません。
初期導入時にデータを頂ければ、弊社側で一括登録を実施させて頂きます。

 
 
Q:帳票のレイアウトは変更できますか?


A:はい。初期導入時にお申し付けください。
 
 
Q:日常業務の流れを教えてください。


A:受注登録(配車明細登録) -> 配車一覧(運賃確定) -> 請求書発行 となります。
受注登録は日々、運賃確定は月次の業務です。

 
 
Q:重量と数量の数字の桁数はどのようになっていますか?


A:標準は、重量(整数3桁、少数3桁)、数量(整数6桁、少数3桁)です。
設定により変更も可能です。

 
 
Q:取り込み可能なデジタコのメーカーはどこですか?


A:現在、富士通社製(DTS-C1)および、矢崎総業社製(トラフィックス)に対応しております。
 
 
Q:荷主ごとに運賃の体系が異なります。


A:以下の方法より選択が可能です。
・「数量*単価」
・「重量*単価」
・「車建」(1車1運行あたり)
・「タリフ」(タリフ表から都度選択)
・「常傭」(月あたり按分)
設定は、荷主単位、コース単位、品名単位で予め設定しておけるほか、画面上から直接の変更も可能です。

 
 
Q:経費は入力できますか?


A:傭車費、高速料金(ETC、ETC外)、フェリーの入力が可能です。
また、伝票として任意の情報(燃料費等)を割り当てる事も可能です。
乗務員の各種手当も入力により経費算入されます。

 
 
Q:時間・距離による割増運賃に対応していますか?


A:時間、距離および単価を入力することで金額を自動計算します。
 
 
Q:ドライバーに日報入力をさせたいのですが


A:メニューの「運転日報」から画面を開くことにより、日報に必要な情報のみが入力可能となります。
 


導入後

Q:配車明細登録の入力項目が多すぎます。


A:システム初回起動時は、全ての入力項目が表示されます。
ログイン画面で「簡易版」または「超簡易版」のチェックを入れて頂いてからログインするとチェックを入れて頂いた内容に対応したパターンの画面が表示されますので使い勝手が合う画面をお選びください。
 
 
Q:用意されている項目にはすべて入力しないといけませんか。


A:必要な項目のみの入力で問題ありません。
画面上、*となっている項目のみが必ず入力しなければならない項目です。

 
 
Q:受注営業所、依頼先とは何ですか。


A:受注営業所は、システムで「売上」を集計するための営業所です。
依頼先とは実際に「車」「人」が動く主体となる営業所、または傭車先となります。
いずれも、画面の初期値は「自分が所属する営業所」となります。

 
 
Q:本社・支社が有り、請求書を一括本社へ発行したいのですが。


A:取引先マスタの「取引先区分」で「一括取引先」を選択すると、「本社」となります。 
取引先マスタの「取引先区分」で「一括取引先の営業所」を選択すると「支社」となります。
「支社」の「一括取引先コード」に本社の取引先コードを入力すると 支社分の請求額の合計を本社分への請求書として発行することができます。

 
 
Q:発着地マスタとは何ですか。


A:発地・着地の登録を行うマスタです。荷主ごと、または全社共通の発着地が登録できます。
 
 
Q:発着地が多すぎて、マスタ管理が大変です。


A:発着地を手入力できる欄を設けてあります。
発着地をマスタから指定せずに手で入力した場合、画面や請求書などの帳票へ表示する際に手で入力した内容が表示されます。

 
 
Q:傭車先を登録したのですが、傭車の一覧に表示されません。


A:取引先マスタの「傭車先」の設定で、「この取引先を傭車として扱う」にチェックを入れることで表示されます。
 
 
Q:荷主利用を開始したら、仮の営業所は消しても問題ないですか。


A:問題ありません。
 

ドライブドアに関するお問い合わせはこちらまで